Live2Dを使ったゲーム制作にチャレンジしよう

最近、ノベルゲームに新しい技術が登場して話題になっています。
Live2Dという技術で、2Dのイラストを簡単にアニメーションさせることができる技術です

その威力は実際に見て頂けるとわかりやすいと思うので、以下に簡単なデモを用意しました。



さらに、LKproject様がLive2Dとティラノスクリプトを使った、短編ノベルを公開されています。

作品サイト


いかがでしょう。新しい可能性を感じますね。

ティラノビルダーでは、この技術を使ったノベルゲームの開発をサポートしています。
さらに、Live2D社と正式に協力し技術的なバックアップを頂いています。

ぜひ、ノベルゲームの新時代を体感して下さい!


最初の準備

ティラノビルダーでLive2Dを利用するための準備をしていきます。

まず、メニューから [プロジェクト]-[拡張コンポーネント]をクリックします


次に、Live2Dコンポーネントにチェックを入れます

その際、利用規約の確認画面が表示されますので、規約を確認して下さい



編集画面の左側にLive2Dコンポーネントが追加されていれば成功です。



Live2Dモデルを追加しよう

今回は予め用意されているLive2Dのモデルを利用してみたいと思います。
以下のURLに移動して、好きなLive2Dモデルをダウンロードして下さい。

http://sites.cybernoids.jp/cubism2/samples

今回は「ハル」というモデルを使って、説明を続けます


ダウンロードしたら、適当な場所に解凍して下さい


Live2Dモデルを登場させよう



★ この手順でLive2Dモデルが表示されない場合、DirectXがインストールされていない可能性があります。
以下のフォーラムを確認して下さい

ティラノビルダーにLive2Dモデルがうつらない対応について

さて、Live2Dをゲームに表示する準備は整いました。

まずは、先ほどダウンロードしたLive2Dモデルをプロジェクトに読み込みます

画面右上のLive2Dボタンをクリックして下さい



「Live2D追加」ボタンをクリックして、先ほどダウンロードしたフォルダの中にある
model.jsonファイルを選択してください

runtime/haru.model.json ファイルを選択します。

成功するとLive2Dモデルとモーションファイルなどが自動的に反映されます。
モーションファイルを選択すると、実際にモーションも確認することができます。



次に 左エリアから「Live2D表示」をドラッグ&ドロップで追加します
パラメータのモデルから、先ほど追加した「haru」を選択します。



さらに、その下にあるLive2Dポジションボタンをクリックすると、ドラッグ&ドロップで立ち位置を設定できるので非常に便利です。

保存して、プレビューして下さい



Live2Dのモデルが表示されましたね!
非常に簡単ですね。

モーションを再生しよう

好きなタイミングでキャラクターのモーションを再生する事ができます。
たとえば、ストーリーにあわせてキャラクターが怒ったり、照れたりすることで ゲームがより、魅力的になりますね。

ティラノビルダーで好きなタイミングでモーションさせる事は非常に簡単です。

左エリアから「Live2Dモーション」をドラッグ&ドロップで追加します。
そして、自動的に再生可能なモーションが表示されますので選択するだけです。

モーション選択ツールを使うと実際にモーションを確認しながら配置することも可能です



保存してプレビューして下さい。
モーションが再生されましたね


その他にも、キャラクターを退場させるときは「Live2D消去」位置を移動させるときは「Live2D移動」コンポーネントが便利です。

如何だったでしょうか?
ぜひ、自分のイラストをアニメーションさせて魅力的なゲームを作ってみてくださいね